美しい川崎の景色 自然のイベント盛り沢山の生田緑地(新緑編)(神奈川県)

神奈川-生田緑地-奥の池 散歩

神奈川県川崎市にある大きな公園、生田緑地をご紹介します。

この敷地内には、川崎市が誇る文化施設がいろいろあります!

岡本太郎美術館

日本民家園

プラネタリウム

しかし、私がオススメする一番の理由。それは公園敷地の8割が山林だとうい事!

素晴らしい公園。関東の春夏秋冬を集めた、まさに自然のテーマパークです(*^_^*)

生田緑地のしょうぶ園

入って真っ先に目に入るのは、日本民家園の入り口です。

おっと‥日本民家園も大変素晴らしい為、別の記事として紹介しています。

[blogcard url=”https://inaka-select.11-life.com/2018/05/02/kanagawa-kawasaki-minkaen/”]

入口は菖蒲の整列が眺められる

その日本民家園のちょうど前にある、しょうぶ園が美しい。

神奈川-生田緑地-しょうぶ園

奥にはしょうぶに近づいて観察できる、小屋も配備。緑と影の陰影が素晴らしい写真が撮影できます。

奥に進んでいくと、小川の流れる場所があります。小さな滝があり、カメラが趣味の人は是非撮りたいはずですが、

私のオススメはその滝の少し下流。

小さなせせらぎです。

神奈川-生田緑地-小川

野草に囲まれて、とても美しいせせらぎわ撮影する事ができます。

この付近、大きな木々のおかげで日陰になっています。小さな花が点在していて、とても綺麗なんですよ。

子供も大人も 生田緑地の広場でリラックス

少し坂を上がると、広場になっています。

神奈川-生田緑地-広場

ピクニックを楽しむ人、本を読む人、色々な楽しみ方があります。

プラネタリウムもあります。蒸気機関車も展示されています。

そして、美しい客車もあります!

神奈川-生田緑地-客車

この客車、中に入る事ができ、お昼ご飯を食べることができます!

いまの日本の鉄道にはない、無骨な感じを味わいながら、お弁当をいただくのはいかがですか?

メタセコイアの森と美しい沼地

広場から出てさらに奥、岡本太郎美術館方面に行くと、メタセコイアの森が広がっています。

メタセコイアは、一度は絶滅した植物だと考えられていました。

立派にそびえ立つ木々にうっとりしますね。

神奈川-生田緑地-メタセコイアの森

私が訪れたゴールデンウィークは、新芽がでていて黄緑がまぶしく、大変美しい風景を見せてくれました。

神奈川-生田緑地-メタセコイア

これがメタセコイアの葉だそうです。手に届きそう。

メタセコイアの並木道の先には、緑豊かな池があります。この片隅で、どじょうを飼育しているそう。

とても美しい沼地。それがこちら。

神奈川-生田緑地-奥の池

光の加減で様々な表情を見せてくれます。

一瞬たりとも、同じ姿を見せてくれない大自然。私はこの表情を切り取るのが大好きです。

生田緑地へのアクセス

小田急 向ヶ丘遊園駅から徒歩でも来れます。

JR南武線、東急田園都市線からは、溝口駅南口よりバス「向ヶ丘遊園駅」行きで。

または、「おし沼」行きで終点下車、徒歩10分です。

おすすめスポット情報
〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形7丁目1−4

[blogcard url=”http://www.ikutaryokuti.jp/index.php”]

お子様づれにご注意

園内はハチなどの昆虫がいます。危険を感じたら広場まで出ましょう。

水遊びができてしまう場所があります。下着を含めて、着替えを用意しましょう。

 

生田緑地で、楽しくエンジョイしましょう!