酒蔵めぐり 歴史ある古民家と「相模灘」の久保田酒造(神奈川県の地酒)

久保田酒造全景 酒蔵巡り

神奈川県最北部、相模湖の近くにある、久保田酒造さん。

相模灘という日本酒を造る酒蔵で、その歴史はとても長く、1844年創業。江戸時代末期です。

豊かな自然に囲まれ、創業当時と変わらない景色だとホームページで紹介されていましたので、自然大好きな私としてはいてもたってもいられず、伺ってみました。

大自然に囲まれた久保田酒造

相模原方面から自動車でアプローチしていると、突然山々に囲まれた風景に変化します。

いくつかの丘を越え、森の中の道路を走っていると、突然急な下り坂の脇道が現れ、慎重に降りて行った先に久保田酒造さんがありました。

到着した時は曇り空でしたが、明らかに市街地とは別の空気。気温が下がり、森の匂いがします。

久保田酒造正面

入り口から入ると、店員さんが出て来てくれました。他に買い物客はいないようです。

沢山の日本酒がならんでいます。

山田錦、備前雄町、美山錦。

吟醸酒から特別純米酒、本醸造と多彩なラインナップです。

いくつかのお酒を慎重に選びながら、酒蔵の事を聞いてみました。

古い商家から始まった

久保田酒造店内

久保田酒造さんの今のお店は、もとは商家の建物だったそう。

かなりの力を持った商家で、建物の二階より上で、蚕を育ててまゆを作っていたそうです。

八王子に工場を持ち、生糸にして仕立てられ、東京の呉服店で販売されていました。

財を成したこの商家には物が集まり、集まった米でお酒を作り始めた事が、久保田酒造さんの始まりだったそう。

と、受け売りだけどね、と笑って話してくださいました。

久保田酒造つまかざり

大変大きなお屋敷なので、入り口が沢山あるのが特徴的。

茶室専用の入り口、お寺の和尚さん専用の入り口など。私の知らない文化が沢山!( ´ ▽ ` )

よほど大きな商家だったのでしょう。建物にものすごく立派な懸魚(げぎょ/つまかざりとも言います)が付いていました。

久保田酒造森林

昔ながらの製造方法にこだわる久保田酒造さんは、杜氏たちが半年間寝泊まりする部屋があるそうです。

今でも2時間ごとに交代して酒の見張りをしているそう。心がこもったお酒、とっても楽しみです。

相模灘を家で楽しむ

相模灘 山田錦 特別純米酒 辛口

相模灘_特別純米辛口

切れが良く喉越しがとてもいい( ´ ▽ ` )

最初は苦味がきつく感じますが、開栓ししばらく経つと苦味は控えめに、米の甘みがじわっと出てきます。

どの料理にもそつなく合わせますが、野菜とのマッチングが良いようです。

呑んでいると、気持ちよくなってきます。

でも身体はきつくない。自然と気持ちよくなれる、やさしいお酒です。

相模灘 美山錦 特別本醸造

相模灘_特別本醸造

甘くない甘酒の味( ´ ▽ ` )

酸味は少なめで、とてもふくよかな味わい。

お米の味をしっかり感じられて、とても美味しい(`・ω・´)

口に含んだ時に軽い雑味を感じますが、すぐにおさまって穏やかな甘みが漂います。

辛口よりもお酒が主張します。味の濃い料理が合いそうです。味噌とのマッチングがよかったですね。

香りは少々きつめですので、これからお酒を始める人は慣れてからがおすすめ。

香りのきついのが好きな人には大変オススメです!

 

実は、他に吟醸酒を購入していますが、まだ開けていません!

そのレビューは詳しく、後日お届けします!

 

おすすめ情報

お酒も建物もすばらしい久保田酒造さん。お酒を買わなくても、一見の価値ありです。

久保田酒造全景

おでかけスポット情報
久保田酒造(神奈川県)
〒252-0153 神奈川県相模原市緑区根小屋702

楽天で相模灘を探す

amazonで相模灘を探す