美しい横浜の景色 横浜の誇る都会の田舎「寺家ふるさと村」(神奈川県)

寺家町の里の写真 散歩

神奈川県横浜市の里山保存地区 寺家町に行ってきました。都会のオアシス?いえいえ、ちょっと気持ちいいだけの田畑地帯です。

ここは確かにいいところなのですが、入場料いらずのテーマパーク状態で、実に悲しい人が多い。

簡単に言えば、田んぼ横の用水路での虫取り。

とってはいけませんの看板があるにも関わらず、親も一緒になってとっていたり。

車で来て路上駐車するので、せっかくの景色が台無しだったり。

いつまでも休憩用のベンチに座って離れない方々がいたり。

精神衛生上良くない事が多い。゚(゚´ω`゚)゚。

それでも良ければ、行って見ましょう。陶芸体験とかもありますよ。

そしてそこそこのいい空気、そこそこの自然を満喫できます。

(地元なので厳しめ評価です。)

山あいの里 寺家ふるさと村

寺家町の四季の家

寺家町には「四季の家」という施設があり、寺家町に住む動物のはく製があったり、喫茶があったりします。

駐車場はここの併設駐車場を使用することができます。

決して、路上駐車はしてはいけません

と、横浜市環境創造局のホームページに記載されています。来るなら守ろう、交通ルール。

駐車場から出ると、このような風景が待っています。

寺家町の里の写真

すばらし。。。あれあれ、すごい路上駐車!

車の後ろにテントをはっている人もいる。どういうことでしょう。

人々がマナーを守りあうことこそ、美しい景色を守る第一歩だと思うのですけれどもね。

人が営む 寺家町

寺家町の里の家

切り取る景色はなかなかのもの。久しぶりに春に来たけれども、秋口のほうが美しいなぁ〜

さて、このあたりは谷戸田といい、山に囲まれた土地に水田が奥の方まで続いています。

水田の横に用水路があり、なにかしらの生き物をとることができるみたいです。

虫取り網をもった子どもがはしゃいでいる様子は、悪くないとおもいます。

でも、看板に「とらないでください」と注意書きがあるよ?と注意したところで、

一緒になって大人も(お年寄りまでも!)とっているのだから、手に負えない。

そういうの、注意する係なんじゃないの?

寺家ふるさと村の森にはいってみよう

寺家町の森の中

ですので、森に逃げ込んでしまいます。

こんな美しいところまで来て、イライラしてもしかたないですし、ね。

この写真のように、なかなか美しい森が広がっています

ハチが出るので注意が必要ですが、そこは自然の摂理ですもの、仕方ありません。

森に入って散策していると、森はいろいろなものを見せてくれます。

寺家町の花

野生の花。群生していました。

模様がすこし派手で、存在感があります。

寺家町の小花

こちらは、とても小さな花。点在して咲いているのがとてもかわいい。

寺家町の山林

新緑が眩しい。

黄緑の葉はまだ柔らかく、まだまだ若いのだとわかります。

都会とは違い、左を向いても右を向いても、同じ景色はありません。

絶えず木々は風に揺らぎ、日は傾きます。

その一瞬一瞬を大事にして、寄り添いながら生きていきたいですよね。

アクセス

おでかけスポット情報
〒227-0033 神奈川県横浜市青葉区鴨志田町

リンク

[blogcard url=”http://jikehurusatomura.in.coocan.jp”]