おいしい居酒屋「小田原バル」に酒で虜にされた話

小田原バル(おでん定食) 旨いもの

今回はバル、つまり居酒屋の話。紹介するのは、小田原バルさん。とは言っても、昼間に行くバルは食事を楽しむところです。

新幹線と東海道線の駅、小田原駅は、箱根の玄関口。

え?箱根の玄関口は箱根湯本では?

いえいえ、小田原駅は各ホテルの送迎バスが来る玄関口なのです。

とはいっても、箱根の旅館、ホテルの送迎バスは大概午後の2時に出発です。

食事は小田原駅周辺で済ませないといけません。

小田原の居酒屋 小田原バル

そこで、オススメするのが、小田原駅南口にある小田原バルさんです。

このお店は、店内は狭いけれども明るく健全。子供連れもオーケー。

小田原名物を使った各種定食料理に、

どのお酒が合うのか、明確に教えてくれる。ここがグッドです。

よい料理には、よいお酒です。料理の美味しさを何倍にも増幅してくれる。これがお酒の良いところです。

別に酔うほどに呑む必要はないのです。舌にお酒を流して、料理の味を引き立てればいい。

小田原バルさんは、ここがわかっていますね(*^_^*)
(決して、上から目線ではありません。)

冬の小田原にいってみた

私が訪問したのは正月あけのお休み。

家族で箱根旅行の時でした。

マイカーはもちろんありますが、あえて新宿からロマンスカー。

ロマンスカーVSE

たまには運転しないで旅行がしたかったんです。゚(゚´ω`゚)゚。

11時前に小田原駅へ到着すると、すぐに小田原バルさんへ直行しました。

駅ビルの飲食店は、その時間ですでに行列。

心配しましたが、小田原バルさんにはお客は誰もいません。

まずったかな?と思いましたが‥

激ウマ定食に お酒の要望にも応えてくれる

家族で4つの定食を頼み、合うお酒を質問しました。

若い女性の店員さんが注文を聞いてくれていたのですが、2つほど候補を出してくれたお酒の雰囲気を聴くと、店長へバトンタッチ。

店長さんはお酒の事をよくご存知で、私と家内の要件をよく聞いてくれます。

そして出された日本酒は次の2品。

どちらもワイングラスに、冷え冷えの状態で注がれました。

おでん定食 = 松みどり(中澤酒造さん)

小田原バル(おでん定食)

私の注文はおでんの定食。小田原といえば、やっぱり練り物でしょう。

甘く仕込まれた練り物に合わせる日本酒は、純米酒。

「松みどり」はお米の味を感じる、膨よかな味わいです。

そば定食 = ぎんから(井上酒造さん)

小田原バル(そば定食)

家内は近海寿司とお蕎麦、てんぷらがついたそば定食です。薄口めんつゆベースの味付けには?

「ぎんから」は吟醸酒で、柔らかな口当たりの辛口。

これが料理とバッチリあう!もう美味しくてたまらない!

家内と私とで、うまいうまいを連呼します。

その間に、お店は満席となり、食事をしている我々の料理をチラ見しながら注文。(ウフフ)

 

そして宴会モードへ

食事が一通り終わっても、名残惜しくて仕方がない。

そこで、子供にはジュースやアイスをあてがい、我々夫婦はセカンドステージへ(*^_^*)

ここで呑んだお酒の事は、忘れてしまいましたか。゚(゚´ω`゚)゚。

冒頭で、料理の引き立て役みたいな事を言っておいて、完全に酒に呑まれています!

お料理の写真だけ貼っておきます(*^_^*)

小田原バル(肉たたき)

肉のたたき!いや、ホテルで豪華食事を楽しみにしているのに、この美味しさはやめてほし〜

私達夫婦は、日頃の言葉数は決して多くはないのですか、家内がモードに入ると恐ろしく喋ります。

私も負けじと、応戦だ☆

小田原バル(なめろう)

なめろう!いや、お酒がとまらないよ。財布の紐がゆるむよぉ〜

全メニュー頼みそうな勢いでしたが、あいにくのランチ営業終了!危ない、バスに乗り遅れるぞ!

 

定食とツマミ、お酒4杯で1万円弱でしたが、素晴らしい時間を過ごすことができました。

なんなら、小田原バルさんへ行くために、宿をとってもいいくらい!

小田原へ行ったら、是非小田原バルに行きましょう(*^_^*)

え?この後?

箱根の山は、バスで上がるのは酒呑みには辛いぜよ。

クネクネ道をなんとか耐えてホテルへチェックイン出来ました。よかったよかった。

小田原バルへのアクセス

おでかけスポット情報
〒250-0011 神奈川県小田原市栄町1丁目2−8 第 1 マツガヤビル

[blogcard url=”http://小田原バル.com”]

おでかけ出来ない方はこちら

amazonでぎんからを探す

楽天でぎんからを探す

amazonで松みどりを探す

楽天で松みどりを探す