ScanSnapで自炊に挑戦! iPadPro12インチで美しく見える自炊データ作成① 準備編

自炊タイトル デジタルライフ

田舎に引っ越すにあたり(といっても、時期も場所も決まっていませんが)、重かったり場所をとったりするものは、極力捨てて行きたいものです。

ですが、これだけは捨てられない、という物もありますよね。

私の場合、それは「雑誌」です。特に絶版になっているものは捨てられない。

ところが、いくら捨てたくない、とっておこうと思っていても、本はだんだん黄ばんで来て、臭くなって来ます。

結局涙をのみながら捨てなきゃならなくなっちゃう。これは困ります。

kindle等の電子書籍も検討したのですが、解像度が低くて雑誌を見ている気がしない。

1ピクセル1ピクセルに命のこもった、高解像度の書籍データでないと、満足できないなーと思っていました。

自炊ってなんだろう?

そんな中、家内からも勧められていたのが「本の自炊」。

本を裁断してスキャナで読み取って、タブレットで見れるようにするらしい。家内は私よりも本が好きなので、私が自炊するのを期待しているようです。。。

「めんどくさいなぁ(^^;)」

とは思ったものの、本は劣化の進行を止めてくれるわけではありません。ここは腹をくくって、自炊活動を始めようではないか!

自炊の流れはわかっている!きっと以下の通りに違いない!

①雑誌を1枚1枚スキャナーでスキャンし、画像データとしてパソコンに保存

②画像データをPDFファイルに統合

③タブレットに送信して 楽しい閲覧生活

まぁ、結果的には3行では済まされなかったのですが。。。

自炊に必要なもの

さて、自炊に必要なものは以下の通り。オレンジ色の字が、今回購入したものです。

●パソコン(mac mini Late 2012 / macOS High Sierra)

●パソコン用スキャナ(ScanSnap SV600)

●裁断機(雑誌を切る道具)(新たに購入しなきゃ)→ 不要

●加工ソフト(Adobe Photoshop CC)

●閲覧用パソコンやタブレット(Apple iPadPro 12インチ)

このうち、裁断機はスキャナの機能により不要としました。

このスキャナは雑誌を開いた状態でスキャンし、ページの歪みをソフト処理で取り除いてくれる優秀(と思われる)機能が付いています。

裁断、めんどくさそうだしね。

自炊結果

本日以降、自炊の手順を細かく公開していきますが、以下の基準での作成が無事完了し、とても満足しています。

●iPadPro 12インチ合わせの解像度での書籍化(2048pixel x 2732pixel)

●ページめくりの左右切り替え

●読み取り端末を横に倒した時に 雑誌のように2ページが並ぶ

画質は以下にサンプルを貼り付けておきます。

データのスキャン方法

画像の加工

iPadへの連携

PDFの作成/閲覧

の4部構成でお届けする予定です。お付き合いいただけると幸いです。

 

楽天でScanSnapSV600を探す

amazonでScanSnapSV600を探す