au契約のiPhoneから格安SIM「UQmobile」に乗り換えてみた

コラム-UQmobileタイトル デジタルライフ

 

田舎に移住を考えた時に、できるだけ節約しよう、なんて思っていた矢先、

携帯電話の2年縛りが終わり、2カ月間の更新期間に入りましたので、格安SIMに乗り換えてみようと思い、現在の携帯電話料金を調べました。

au iPhoneの通話料金

(auメニューからご利用料金を確認)

おおう、2万円です。3回線で2万円。

私の通勤時と昼食時のお供として働いていただいて、月に1万円もかかっている。

iPhoneの機器代が含まれているとはいえ、なかなかの金額です。

これはたまらん、がんばって格安SIMをゲットしよう。幸い、iPhoneはバッテリーの修理を終えたばかりで絶好調。2年で入れ替えるなんて、もったいない。

※この記事は、2017年12月現在の記事です。各キャリア会社のプラン、料金は、最新のものをお調べください。

データ通信量を把握する

格安SIMと言われている通信会社の価格を調べます。各社のプランを見ると、音声通話 + 高速データ容量 で決まるようです。私のiPhoneでデータ使用量を確認します。

(設定ーモバイルデータ通信ー現在までの合計:53.1GB )

53÷24 =2.2(24で割るのは、2年分=24カ月分だからですね)

ふむふむ、3GBのプランで、お釣りが来そうです。

格安SIM各社の 支払いプランを比較する

以下の条件で、格安SIMを選定していきます。

1. auのスマホ対応と明確にわかるキャリア

2. データ容量は2〜3GB

3. 音声通話付きプラン

なるべく有名なところがいいなと思い、下記4つに絞りました。

楽天モバイル
スーパーホーダイ プランS
通話時間:10円/30秒 5分以内はかけ放題データ容量:2GB

下り通信速度:4Mbps

速度制限適用条件:

1Mbps 混雑時間帯のみ300kbps

料金:1,980円

mineo Aプラン
通話時間:無料通話なし 20円/30秒データ容量:選択式 今回は3GB

下り通信速度:700Mbps

速度制限適用条件:

3日で6GB使用時 200kbps

料金:1,510円

IIJmio タイプA
通話時間:無料通話なし 20円/30秒データ容量:選択式 今回は3GB

下り通信速度:370Mbps

速度制限適用条件:

3日で6GB使用時 200kbps

料金:1,600円

UQモバイル
データ高速+音声通話プラン
通話時間:無料通話なし 20円/30秒データ容量:3GB

下り通信速度:225Mbps

速度制限適用条件:

3日で6GB使用時 200kbps

料金:1,680円

楽天モバイルは、通信速度が遅いのかな。ただ、速度制限時にも1Mbps出るとうたっています。

mineo、IIJmio、UQモバイルは横並びのように見えて、通信速度でmineoがリードしています。

他は‥‥そもそも、速度制限に引っかかるような使用をしていないみたい。

3日で6GBも使っていない。そう考えると、楽天モバイル以外は普通に使えそうです。さて、どうするか、悩ましいが‥‥

決めては実店舗と通信安定性

いろいろ情報を集めていて、わかって来たことがあります。

まず、通信の安定性はUQモバイルが定評があるということ。やはり、お昼のお供が通信できないのは困りますし、できるだけ今まで通りつかえると嬉しい。

次に、mineoの直販店舗が、東京都にしかなかったこと(サポート店はたくさんある)。

IIJmioはそもそも直販店舗がなく、相談しにくいなーと思ったこと。UQモバイルが家の近くにあり、相談しやすそうだと感じます。

契約縛り期間が12カ月で済む(mineoは縛り無し、ではなく、ナンバーポータビリティを使用すると1万円超えの違約金が発生)ので、半分お試し感覚でUQモバイルにして見ることとなりました。

WiMAXも触ってみたいな〜

MNP予約番号を取得する

電話番号はそのまま使いたいので、ナンバーポータビリティを使用しますのでMNP予約番号を取得します。My au で調べると、スマートフォンの場合は電話での申し込みらしい。

というわけで、電話をかけてみました。日曜日の16時くらい、電話をすると、混雑しているのでしばらくお待ちくださいの音声メッセージが‥‥

その間に、お客様の情報を入力してくださいと聞いて来ます。

音声ガイダンス「4桁のパスワードを入力してください」

「×××‥‥、あ 3桁目間違えた。」

間違えた場合でも、とりあえず何か入力します。もう一度パスワードを入れて下さい、と聞いて来てくれました。

3分ほど待つと、オペレーターの方に切り替わりました。

「今回、3回線を切り替えたいのですが、そのうち1回線は家内の名義ですが、大丈夫ですか?」

オペレーター「はい、ご本人様確認をこの電話でできれば、問題ございません。」

「付帯しているオプションサービスは、自動的に解約されますか?」

オペレーター「はい、すべて解約されます。」

受け答えに問題なく、無事MNP予約番号を3回線分、取得できました。取得後、15日間が期限とのことでした。auさん、いままでありがとう。

SIMロックフリーに変更する

格安SIMを私のiPhoneで使用するには、iPhoneをSIMロック解除しておく必要があります。

こちらもMy auから申請することができます。(店頭で行うと有料、との事でした。)申請する際に、上記の「MEID」というものが必要でした。

私の持っていたiPhone 6Sは、SIMロック解除を行うことができる機器でした。

できない機器の場合、格安SIMを使うことができないそうです。その場合、本体を購入する必要がありますね。

店舗で契約をする

契約はインターネットではなく、実店舗で行いたい。色々話しを聞きながら、契約する方が安心します。

インターネットで何かを購入する場合、利用規約とか免責事項とか読むじゃないですか。あれ、結構大変なんですよね。

でも、読まないで「次へ」をクリックするのも嫌だし。

ということで、UQモバイルへレッツゴー!

ちなみに、ここでmineoとかに向かえば、そちらのキャリアのSIMを買うことができます。最後の決断はここでするべし‥‥

UQモバイルの場合、必要なものは以下の通りでした。

1.クレジットカード

2.身分証明書(運転免許)

ここで、子供のSIMを購入する際にちょっと一手間が発生。

利用者を子供にする場合、身分証明書が必要で、今回は健康保険証が必要でした。

18歳未満の子供を利用者として登録すると、フィルタリングのオプションをセットすることができます。

結局、一度健康保険証を取りに帰ることに。これは時間の無駄になったなー。

また、SIMカードを差し替える際に、一度iPhoneの電源を切りますので、パスコードが必要です

タッチIDばかり使っていてパスコードを忘れてしまった場合、SIMを入れ替えた後に起動できなくなってしまいます。気をつけましょう。

無事開通!! かかった時間は?

無事にUQモバイルの回線につなぐことができました!通信速度も、そんなにかったるくありません。

BNR通信テストのサイトを使って検査すると、下りで約13Mbpsの速度が出ています。ウェブ閲覧くらいなら、なんの問題もない速度です。よかった〜

これで、携帯電話支出 月2万円が、月5千円程度まで下がります。

浮いた1万5千円、美味しいものでもたべようかな〜 焼肉かな〜

 

なお、今回かかった時間は‥‥

項目 時間
MNP予約番号取得 10分
自宅〜店舗へ移動 30分
内容の説明を聞きながら書類を書く 40分
保険証を取りに家まで往復 60分
開通待ち時間 30分
SIMの受け渡し 20分
合計 190分

3時間ちょっとですね。保険証を取りに行かなければ2時間で終わったようです。

とにかく、UQモバイル生活を満喫してみることにします ♪( ´▽`)